外国為替証拠金取引(FX)の特徴 初心者向けFX(外国為替証拠金取引)口座開設ガイド

外国為替証拠金取引(FX)の特徴

FXは株式投資などの他の投資とは違った特徴があります。
その特徴をこちらではご紹介しましょう。

・為替レートが同一の時の売りと買い(外貨預金の電信買相場(TTB)と電信売相場(TTS))の差が小さい。また金利差によるスワップポイントも外貨預金の金利より有利な場合が多い。

つまり、賢く使えば手数料が安い上日本は金利が非常に低い(ほとんどゼロ)のため
外貨をFXで買っていることにより、常にスワップによるお金を受け取ることができます。

・商品先物の証拠金取引と同様、損失が一定額を超えると強制的に反対売買がなされる。
またそれよりも損失の小さい段階で追加証拠金の差し入れ(追証)を請求される場合もある。

ストップロスともいわれる、リスク管理のために作られた有効なシステムです。

・外貨預金では米ドルを買って一定期間後に売るという取引になるが、
外国為替証拠金取引では逆に米ドルを売って一定期間後に買うことも可能。
(いわゆる「売りから入る」)

・日本円しか持っていなくても「米ドルを売ってユーロを買う」ことが可能。

今後、こういった手法を覚えておくと有利になる場面はあるでしょう。

・税法上外貨預金の利子は利子所得(源泉分離課税)となるが、
外国為替証拠金取引のスワップポイントは雑所得(総合課税)となる。
為替差益の扱いはどちらも雑所得。


FXの特徴をよく理解した上でリスク管理を十分に徹底した投資を行いましょう。






出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

投資のメルマガやってます。よろしければ読んでみてください。
メルマガ登録・解除
1日3分!ラクラク余裕の投資術で副収入を得る方法!
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

初心者からのFX・外国為替証拠金取引のトップに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。