レバレッジのかけすぎに注意 初心者向けFX(外国為替証拠金取引)口座開設ガイド

レバレッジのかけすぎに注意

外国為替証拠金取引(FX)の利点でもあり怖いところでもあるのが
レバレッジをかけられるということでしょう。

レバレッジというのは「てこの原理」とも訳されます。

つまり、実際に必要なお金よりも少ないお金で
多額の投資をすることが可能になっているシステムです。
株式投資でいう信用取引と同じような仕組みになっています。

具体的に言えば、1ドル100円で1万ドル買うときしたら
当然普通に考えたら100万円必要です。

それを、10万円の証拠金を預けておくだけで
1万ドル分の取引ができる場合が、FXではほとんどです。
5万円でもできる会社もあります。

これは、どういうことかというと
レバレッジが10倍の取引をしているということです。

そして、1円上がれば1万円の利益が得られるし
1円下がれば1万円の損失です。

投資自体は1万ドルの投資をしていることと変わらないのです。

そこで問題なのが、もし10円下がったら
証拠金がなくなってしまうということです。

だからこそ、事前に損切りすることが大切なのですが
もっと大切なことは、レバレッジを高くしすぎないことです。

10万円で100万円分の取引ができるとしても
本当にやってしまうと、急激な相場の変動で大きく被害を受ける可能性があります。


そこで、投資資金をやや多めに口座に入れておけば
実質的にレバレッジを下げることができます。

20万円口座に入れて100万円分の取引をすれば
レバレッジは5倍ですね。

10倍のときよりも資金には余裕ができますね。

レバレッジはせいぜい5倍程度を限度にするのがオススメです。
投資のメルマガやってます。よろしければ読んでみてください。
メルマガ登録・解除
1日3分!ラクラク余裕の投資術で副収入を得る方法!
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

初心者からのFX・外国為替証拠金取引のトップに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。